DESIGN Illustrator

再編集できる重なった図形の作り方

Illustratorで作る重なった図形の作り方を説明します。
再編集が必要ないキメ位置の場合、シェイプ形成ツールを使う方がらくちんです。
今回はシェイプ形成ツールではなくライブペイントを使います。
後で重なり加減を調整する場合など便利です。

選択ツールで図形を選択する

図形を作り切ったところからスタートです。

選択ツール(キーボードのV)で図形を選択します。
レイヤーパネルの二重丸をクリックしても選択できます。
※複数選択するときはひとつめをクリックした後、シフトキーを押しながらふたつめをクリックします。

ライブペイントを作成する

図形が選択できたら、上のメニューバーから
オブジェクト>ライブペイント>作成
と進みます。

ライブペイント選択ツールで重なり部分を補正する

続いてライブペイント選択ツール(shift+L)に切り替えます。
ボタンが見当たらない方は、長押しするとタブが出てくるのでそこから選択してください。

重なりを消したいところを選択します。
黄色を全面にしたいので、クリックして選択します。
すると選択した箇所がメッシュになります。
黄色のところをaltを押しながらクリックすると、先に選択していた箇所が黄色になります。

次に不要な黒い線を消します。
線の部分をクリックして選択して、線をなしにします。

必要な線を足したいので
次は必要な線を選択して、同じ線があるところをalt+クリックすると線ができあがります。

Illustratorライブペイントチュートリアル

これで準備はできました。

変形させる

動かしてみます。

フレキシブルに変形に対応してくれる頼もしい黄色のさんかく。

場合によって再調整

しかし動かし方によっては対応不可なパーツがでてくるので
その時はまた同じ手順で整えると良いかと思います。

 

-DESIGN, Illustrator

© 2021 #000000